快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

腐食しない金属材料「銀」の魅力と「銅」の役割

時計の内部

古代から人々を魅了する金属材料といえば、スポーツの表彰などに使われる「金・銀・銅」ではないでしょうか。その美しい輝きと希少性が人々を惹きつけます。
なかでも銀は、金属材料の中でも電気伝導率、熱伝導率、反射率が高く、さらに優れた抗菌性や腐食しない性質から、さまざまな分野で利用されています。
鉄のような腐食(錆)は起こらず、高い抗菌性から、食器などに利用されています。熱伝導率が高いため、すぐに食べ物と同じ温度に近づきます。暖かいまま、または冷たいまま美味しく食べることができます。放置しておくと黒く変色するのは、空気中の水分、硫黄分による硫化が原因です。重曹を入れた水に浸けて磨いてあげると輝きを取り戻すことができます。
工業面では、高い反射率から光学材料に利用されたり、ナノ粒子としてインクやセンサーなどへの応用技術も注目されています。
そんな銀も実は、純度が高いほど柔らかいため、加工には不向きな金属材料でもあります。加工しても変形してしまうため、一般的に銅を数%混ぜて適度な硬度に調整されています。銅が銀の弱点を補い、銀製品が製品化されています。
侘び、寂びの象徴としても使用される銀ですが、みなさんは銀製品をいくつぐらいお持ちでしょうか。日常のなかで探してみるのはいかがでしょうか。

TOP