快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

銅は建築物にも使われている金属材料

コップが並ぶ

日本では昔から銅が使われてきました。日本最古といわれる貨幣や青銅器など、銅の歴史はとても長いです。現在でも銅は、硬貨や食器など身近なところでも使われますが、実は他のところにも使われています。銅が使われているので有名なのが大仏です。奈良県にある大仏は日本全国から集められた銅で作られたと言われています。今でも有名な銅山が日本全国に残っているので、行ったことや聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。他にも銅で作られているものは、観光地で見かける銅像なども、その名の通り銅で出来ています。他にも金属材料である銅は海外でも使われていて、アメリカの自由の女神なども銅で作られています。なぜ大仏や銅像などが銅で作られるのかというと、銅は他の金属材料よりも水に強く腐食しにくい、コスト的に使いやすい、金属材料の中でも加工しやすく芸術的な表現しやすいなど、建築物を作るのに適しているからです。また、大仏や銅像などは長い期間展示するため、耐久性の面からも優れている銅が使われています。長い期間展示するので、時間と共に味わいが出てくるのも銅が使われる理由です。銅から出るサビが味わいを深めていくことから、様々な建築物に銅が使われています。銅の特性を活かした建築物、改めて見るとまた違った魅力を感じるかもしれません。

TOP