快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

快削黄銅はさまざまな分野で活用されている優れた金属材料

さまざまに応用できる金属材料快削黄銅とは

サックス

黄銅というと、一般人には全く馴染みのない金属材料ですが、同じ金属でも真鍮と呼び方を変えると、さまざまな製品が思い浮かぶのではないでしょうか。たとえば五円玉硬貨は黄銅製ですし、金管楽器で構成されるブラスバンドのブラス(BRASS)も黄銅のことです。黄銅は、亜鉛と銅の合金ですが、それぞれの金属の配合率によって数種類の黄銅に分類され、それらはJISによってアルファベットのCからはじまる4桁の数字で表記されています。特性はそれぞれさまざまで、たとえば快削黄銅は簡単に削ることができることから、微細なネジ、ナット、ビスなどに加工され、その他の黄銅はアクセサリーや工芸品、仏具などの製品に利用されています。最近では、快削黄銅に代表されるような加工のしやすさから、黄銅を使ったインテリア製品なども人気で、真鍮の持つ独特の風合いや、経年によって生じる変化をアンティークとして魅力に感じる人も増えています。黄銅は、製品化されたばかりの色合いは黄金に近い輝きを持っていますが、使い込んで行くうちに古めかしさや味が現れ、その柔らかい質感から、世界中の職人たちがさまざまな手法で多くの製品を生み出してきました。快削黄銅などのその特性は、仏具、工芸品、精密機械、船舶内装など、実用性の高い部品など以外にも多用されています。

多くの分野で多用される快削黄銅とは

日本のみならず、多くの国で人々の生活とともにあった真鍮は、別に黄銅と呼ばれています。黄銅は、異なる配合率の亜鉛と銅、それに添加元素を加えることで、それぞれに特徴が向上した種類豊富な合金で、さまざまな金属材料の中でも使用量が多いことでも知られています。主な黄銅は、丹銅、快削黄銅、ネーバル黄銅などで、亜鉛の比率やその割合と、別に加える添加元素によって、耐食性、加工性、熱伝導率、電気伝導率、沸点などが変わるので、それによってどのような製品に加工され、活用されるかも異なります。たとえば黄銅の中でも柔らかい快削黄銅は、その字のごとく簡易に削りことができる黄銅です。快削黄銅は、被削性・打ち抜き性・鍛造性に優れていることから、ネジやビス、時計の部品などの小さな製品に多用されています。他にも、丹銅は見栄えが良い黄銅なので、建築材料のほか、アクセサリーや工芸品、アクセサリーや化粧品のケースなどにも使われています。特に、インテリア製品や工芸品の分野では、経年がもたらす変化が独特の風合いをもたらし、それが魅力とされています。金色に近い色は、使い込むうちに酸化皮膜によって鉄に似た赤錆色のように変化していき、アンティークのような付加価値が生まれます。

快削黄銅は様々な製品に利用される金属材料です

製品を形作る材料には様々なものが有りますが、多くの製品で欠かせないものが金属材料です。金属材料には様々な金属が有りますが、金属一つ一つの特性に合わせた製品で活用されています。金属は人類の発展に欠かせないものです。現代では昔から活用されてきた金属材料同士を組み合わせる事でさらに多くの特性を持つ金属材料を生み出しています。これからもますます新たな金属材料が生み出され多くの製品に活用されるでしょう。例えば黄銅という金属材料は真鍮と呼ばれ先史時代から人類の発展に関わっていました。身の回りでは5円玉や仏具などに活用されています。快削黄銅とは黄銅に鉛を加えたものでその名の通り削りやすいという特徴があります。そのため細かな加工に適しています。小さな力で加工がしやすいため自動車部品や水栓部品などで多く使用されています。快削黄銅は使用用途によって鉛の配合具合を調整すること事が必要です。快削黄銅の仕入れには見積もり無料のメーカーに相談してみましょう。日本のモノづくりのレベルの高さは金属材料など材料の品質の高さが深く関わっています。クオリティーの高い金属材料を安定して受給できるかどうかが大切です。まずは相談をしてみましょう。

手配にお困りの方には【イーメタルズ】をお勧めします。形状の指定や見積書音発行など、面倒なやり取りをスムーズに進められるので非常に便利なサイトです。快削黄銅の手配も【イーメタルズ】ならストレスなく進めることができるでしょう。

TOP